入れ歯について|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

お知らせ

入れ歯について

こんにちは!

広島市 中区 宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本です。

 

今回は入れ歯の歴史についてお話をしようと思います。

 

入れ歯の歴史は非常に深く

一番古い入れ歯と言われているものが

なんと・・・・・

1538年にあったと言われています。

約500年前にはもう入れ歯があったとは驚きですよね!

それだけ歯が大事だと昔の人も認識をしていたという事です。

この時代の入れ歯は木でできていて

専門の人が型を取り配列をして作っていたそうです。

「昔の入れ歯」の画像検索結果

凄いですよね!

この時代に今の形と変わらなくできています。

作り方も今と変わらないというのも凄いですよね!

そして

食事をすることがとても大事だということ

歯が審美的に必要だったということ

ステータスにもなっていたということ

こちらの3点も昔と今でも変わらないですよね!

それだけ歯は大事ということです!!

それでは!

ページトップへ戻る