• 082-246-0600

  • 診療時間/8:00~13:00 14:00~19:00(水曜午後は往診のみ)
         最終受付時間が12:30、18:30までとなります

    休診日/水曜午後(外来)・土曜午後・日曜・祝日

予防処置

予防処置について

患者さんの多くは、痛いから歯医者に行く、酷くならない間は大丈夫と思って、なかなか歯医者に行くことはありません。
しかし、むし歯や歯周病は歯茎に影響を及ぼすだけでなく全身を蝕む危険な病気です。
予防することで、治療期間を短縮し経済的負担を軽減させることができます。
そのため、患者さん自身でも定期的なブラッシングを行う必要がありますが、磨き残しや歯の生え方によっては届かない場所もあるため定期検査が必要になります。
当院では、患者さんの私生活や環境にあったブラッシング指導・唾液検査によるむし歯・歯周病チェックを行わせていただきます。

予防には定期メンテナンスが
おすすめです

日本ではまだ浸透していない予防処置

当院では患者さんに定期メンテナンスの受診をおすすめしています。日本では定期健診の受診率は10%以下と言われています。特に目立った歯のトラブルが起こりにくいためか、若い世代の受診率は少ないのが現状です。
しかし、むし歯や歯周病は重症化すると、治療や費用などが患者さんにとって大きな負担となります。またむし歯が神経にまで進行してしまった場合は、歯を守るために、神経を抜くなどの処置を行わなければなりません。そのような状態になる前に、ご自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けましょう。これからの時代は、むし歯や歯周病になる前に歯科医院に通うことが、将来の健康を守る鍵となります。

予防の重要性

一度むし歯になった歯は治療を行ってももろくなり再発するリスクが高まります。
患者さんは「むし歯治療を行ったからもう大丈夫」「治療したので定期的に歯磨きをすれば問題ない」と思う方が多いと思いますが、そうではありません。
むし歯や歯周病は知らない間に徐々に大きくなることが多いため、痛くなったら歯医者に行くではなく、痛くならないために歯医者に行くような気持ちを持つ必要があります。

歯磨きだけでは予防できない?

むし歯・歯周病にならないために毎日皆さんは歯磨きを行うと思います。
そのため、予防処置でご来院いただいた方だけでなく、治療を受けられた方にも必ずブラッシング指導を行っております。
むし歯・歯周病にならないために歯磨きは必ず行う必要がありますが、細菌の塊であるバイオフィルムを完全に取り除くことが歯磨きでは出来ないため、歯医者での定期メンテナンスが必要です。
当院では、歯を健康的な状態に維持するためには専用クリーニング「PMTC」を受けることをおすすめしています。「PMTC」を受けることにより丈夫な歯を保つことが可能です。

当院の予防処置メニュー

歯科衛生士によるブラッシング指導

一般的には毎日行うブラッシングですが、全ての歯にブラシを正しく当てることはとても難しいことです。
当院では正しいブラッシングの仕方をご指導させていただきます。

フッ素の塗布

歯科医師とカンファレンスを行い、患者さん一人ひとりに合わせて治療計画を立て、歯科医師の指示のもと歯科衛生士がフッ素を定期的に塗布し、むし歯・歯周病を予防します。

スケーリング

日々のセルフケアだけでは歯と歯、歯と歯茎の間などにどうしても磨き残しが生じてきます。歯ブラシが全く当たらないと、磨けてない箇所には汚れが溜まるので、歯垢や歯石が形成されます。歯石は表面がギザギザしていて、その上からも歯垢が付着するので、歯科医院で定期的にスケーリング(歯石の除去)を受けなければいけません。歯ブラシでは歯石が取り除けないからです。歯石を取り除けば、お口の中の細菌も少なくなるので、口腔内の健康も維持できます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

正しい歯磨きをしているつもりでも奥歯や歯の隙間に届いていないことがあります。
PMTCでは、専用の器具を使用し取り除いていきます。
歯の着色汚れや、しつこいバイオフィルムなどもしっかり取り除き、お口の中がスッキリとします。

唾液検査

唾液検査とは

皆さんは唾液の性質によって、むし歯や歯周病になりやすい人・なりにくい人がいることをご存知ですか?
唾液検査では、唾液の量・唾液の中和力・むし歯の原因細菌数などを調べることによって、今後むし歯になるリスクがどれくらいなのか、どのようにすれば予防できるのかをご説明することが可能です。

唾液検査はこんな方におすすめ

歯周病になりやすい

唾液検査は何が原因で歯周病になっているのかを検査することが出来ます。
自分が歯周病になる原因を特定することで、今後歯周病になりにくいお口を保つことができます。

妊娠中の女性

妊娠している女性でも唾液検査を受けることが可能です。
母親から生まれる子供も遺伝でむし歯になりやすい体質にならないために、事前に検査をおすすめします。

乳歯からはえ変わる子供

乳歯からはえ変わる子供は、むし歯になるリスクが高いと言われています。
唾液検査を行うことでむし歯になりやすい時期を乗り越えて、健康的なお口を手に入れることが可能です。

口臭が気になる

口の匂いと唾液は深く関係しています。唾液の中に含まれる酸素の量が少なくなると、臭いの物質が作られてしまいます。

唾液検査の料金

SMT検査(唾液検査) ¥3,240(税込)
アクセス
採用専門サイト

ページトップへ戻る