設備紹介|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

設備紹介

歯科専用CT

歯科専用CTは主にインプラント治療や矯正治療などの難しい治療を行うにあたり、必須と言われているほど重要な機器となります。
CTを使用することで、歯の位置・向き・顎の内部構造まで立体的に確認することが出来、正確な治療を行うことが出来ます。

CO2レーザー

CO2レーザーは外科処置用のレーザーです。通常のメスに比べてダメージが少なく、治療時間も大幅に短縮することが出来ます。
またそれだけではなく、傷の治りを早めたり痛みを緩和させる効果もあります。
そのため、患者さんの精神的なストレスや痛み・腫れの期間が軽減されます。

マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープを使用することにより、今まで肉眼で見る事が出来なかったものが見えるため、虫歯の取り残しや問題のない歯を傷つけてしまう心配もありません。

最新唾液検査機

虫歯や歯周病の予防方法は様々です。
最近では、唾液を検査することでお口の中の状態を知ることが出来、たった5分間検査を行うだけで、虫歯や歯周病になるリスクや対策について、詳しくご説明することが出来ます。

唾液検査について

位相差顕微鏡

歯周病や虫歯は細菌が原因です。位相差顕微鏡は、普通の顕微鏡では見ることが出来ない細菌も、はっきりと見えるように特殊な加工がされている顕微鏡です。
顕微鏡で見ることで、歯周病になりやすいかどうか・今はどういう状態なのか・これからどういう状態になっていくのかなどがわかります。

根管治療機器

歯の痛みの大きな要因は根管の細菌感染です。根管を消毒し細菌を取り除くことが根管治療の基本と言われています。
当医院では、豊富な知識と経験そして熟練の技術が必要とされる根管治療に、最新の治療機器「DC スマートエンド」を使用し、より安全で効果的な処置を行っています。
また、マイクロスコープを併用することでより精密な治療を行えます。

電動麻酔器

電動麻酔器は注入速度を一定に保ち、患者さんが感ずる痛みも最小限に抑えます。さらに予め、刺針部分に表面麻酔を行いますので、更に痛みを抑える事が出来ます。

咬合器

咬み合わせ検査・診断に欠かせない器具です。
歯や顎が痛くなるときは咬み合わせが原因となっている場合があります。また治療を繰り返してるうちに、本来の咬み合わせからズレてきていることもあります。
適切な咬み合わせは快適な毎日だけでなく、将来的に歯を失う危険性を回避することが出来ます。

口腔外バキューム

義歯の削りカスなど、処置にともない目に見えない粉塵が診療室には飛びがちです。
そこで強力な吸引力と排気をクリーンにする専用の口腔外バキュームを使用することで、診療室の空気も綺麗にするよう心がけています。

AED

緊急時の初期対応に備え、自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)を設置しております。
様々な要因で心臓が痙攣して、血液を流すポンプ機能を失った状態になった場合に心臓に電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
電気ショックが必要とされるか否かは、AEDが心電図をみて自動的に判断します。
歯科医師のみならずスタッフも救急蘇生の実習をうけ、万が一の場合でも対応できるよう準備しています。

血圧測定器

血圧を簡単にすぐ測れて、患者さんの容態をもっとよく知りたい時に使います。
高血圧などの持病を持った患者さんだけではなく、安心・安全な医療を提供するために歯科小手術など必要に応じて術前・術中の全身管理を行なっています。

パルスオキシメーター

経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)・脈拍などをはかります。
血圧測定器とあわせて、患者さんの容態をもっとよく知りたい時に使います。

吸入用酸素

AED同様、緊急時の初期対応に備え、応急処置ができる吸入用酸素もご用意しております。

ページトップへ戻る