型取りのため3|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

ブログ

型取りのため3

みなさん

こんにちは!

広島市 中区 宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本 全彦です。

今回のブログは

題名通り

型取りをする為です。

スタッフもこのブログを読んでくれております。

そんなスタッフから

「練った物も写真出したらどうですか?」

とコメントを頂きましたので

追加で書こうと思いました。

まずは

ラバーカップという緑色の物に

前回ご紹介したアルジネートを

計量カップで計った物を入れます。

この場合はカップ1の量です。

次に

右の透明なカップがあるのですが

こちらにお水を内側の一番低い線に合わせて

入れます。

計量カップ1に対して水は1の量になります。

そしてスパチュラという混ぜるもので

水とアルジネートを混ぜて練ります!!

水と混ぜるとこんな感じですね!

練る時に気を付けないといけないのが

素早くそして気泡を抜くように

寝るのが大事です。

水とアルジネートが混ざった状態をそのままにすると

どんどん固まっていきますので

素早く練っていくのが大事です。

練ったものがこちら

写真撮るのに少し置いてしまったので

上手く練れませんでした。。。。。

ただこちらの練ったものを

以前紹介したトレーに盛って

歯の型を取っていきます。

 

みなさんも歯の型を取る時は

こんな感じなのか

と分かっていて頂ければ嬉しいです。

 

それでは!!!!

ページトップへ戻る