大阪にて|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

ブログ

大阪にて

みなさん

こんにちは!

広島市 中区 宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本です。

 

先日大阪まで勉強会に行ってまいりました!

いつまでも学ぶ事は大事ですよね!

今回はですね

ダイレクトボンディング(プラスチック)

について勉強してきました!

まずはダイレクトボンディングについて

簡単に説明しますね!

ダイレクトボンディングとは

比較的小さな虫歯や歯の隙間を

埋める審美的な治療の事です。

保険治療では、コンポジットレジン(CR)

を使うのですが

ダイレクトボンディングで使うのは

ハイブリッドセラミック

というものを使います。

こちらはプラスチックの中に

セラミックを混ぜた物を使い

より天然歯に近くすることができる物です。

見た目も美しくでき、短時間でできるため

最近注目されている治療です。

メリットとしては

1 短時間でできる

2 修正ができる

3 削る量が最小限にできる

4 天然歯と区別ができない

デメリット

1 奥歯や広い範囲では適応が難しい

 

簡単な説明だけで少し長くなってしまいました。

続きは明日に!

 

それでは!

 

 

ページトップへ戻る