型取りをした後2|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

ブログ

型取りをした後2

皆様

こんにちは!

広島市 中区 宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本全彦です。

 

先日のブログの内容の続きです。

 

今回は石膏をどうやって流していくのかを

お見せしたいと思います。

スタッフに手伝っていただきました。

最初はラバーカップに石膏の粉と水を入れ

練ります。

しっかり混ぜ練った後バイブレーターを使い

気泡を抜いていきます。

この気泡をしっかりと抜くことが大事です。

トレーをバイブレーターに当てながら石膏を流していきます。

この時もしっかりと気泡が入らないようにしていくのが

コツです!

こんな感じで少しづつ石膏を流していきます!

ある程度流した後はこのように上に盛っていきます。

最終的な感性がこちらになります。

後は硬化するのを待ってから外していきます。

こうやって模型が出来上がっていくのです。

ちなみに

完成した写真はないのですが

綺麗にできておりました。

そしてこの石膏を流すは

本当に緊張する瞬間です。

私も石膏流したりするのですが

いつもスタッフがしてくれます。

ありがとう

と思っております。

 

皆様

少しだけでも流れは分かっていただけましたか?!

 

それでは!!

ページトップへ戻る