Cとは|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

ブログ

Cとは

皆様こんにちは!

広島市中区宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本 全彦です。

本日の題名を見てもらえたらわかるかと思いますが

こないだから

C

がつく話ばかりだなって思いますよね?!

私も思っています(笑)

今回はみなさん一度は聞いたことがあるかと思います。

小学校などでの歯科検診の時に

「1番・2番・3番C・4・5・・・」

みたいな感じで歯医者の先生が言われているの

聞いた覚えがありませんか?

「Cって何?何かあるの?」

と思いますよね!

歯科用語になっておりまして

カリエス(Cries)の頭文字を取ってCと言います。

「カリエスってなんだ?」

ですが

虫歯の事ですね!

市区町村では

Cは治療が必要な歯

というように分けられている場合もあります。

歯科医院で聞くときは

基本的に虫歯の事をCと呼びます。

虫歯も

C0・C1・C2

という感じで虫歯の大きさを表していたりします。

皆様

歯医者に行った時や

小学校・中学校で歯科検診の時などにCと聞いたら

歯医者に来てくださいね!

歯は一生ものです。

早い治療が大切ですので

何かお困りのことがありましたら

ご相談ください!

 

それでは!!!!

 

 

ページトップへ戻る