X線とは|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

ブログ

X線とは

皆様こんにちは

広島市中区宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本全彦です。

先日CTのお話をさせてもらったのですが

その中にX線と出ていたかと思います。

皆さん良く聞くX線(レントゲン)ですが

なぜX線と呼ぶようになったか・・・

知っている人は知ってると思いますが

レントゲンとも呼ばれると思いますが

まず発見者が レントゲン さんなんですよね!

ヴィルヘルム レントゲン という方が発見しました!

そしてX線の名前の由来は

数学の中で未知数を表すのが「X」であるからで

レントゲンさんが命名したとのことです。

またレントゲン撮影をするのに微量の放射線が使われ

中には懸念をされるかたもいらっしゃるかと思います。

九州歯科大学のQ&Aにわかりやすく答えてもらっていたので

リンクを貼らせてもらいました。ぜひ一読してみてください!

http://www2.kyu-dent.ac.jp/depart/hoshasen/q_and_a.html

今では医療だけではなく他の所でも使われているX線です。

今の医療にも本当にかかせない物になっています。

のぶもと歯科にもX線の機械とCTが置いてあります。

何か疑問に思われることがありましたらお気軽にご質問してください。

 

それでは!!!!

ページトップへ戻る