新しいバーが入りました。|広島市中区宝町で歯医者をお探しなら、マイクロスコープを使った虫歯・歯周病・審美治療が出来るのぶもと歯科

ブログ

新しいバーが入りました。

皆様

こんにちは。

広島市中区宝町にあります

のぶもと歯科 副院長 延本 全彦です。

 

今日は新しく導入をした道具を紹介します。

それが

こ・ち・ら!!!!

 

このバーを何に使うのかですが

インプラントをするときに使うバー(ドリル?)なんです!

名前はデンサーバーと言います!

バーとは基本虫歯や歯を削るものですが

こちらのデンサーバーは少し違うのです。

最初だけ凄い細いドリルで少しだけ削ります。

(画像の一番左の手前にあるドリルです)

これは間違った位置にインプラントを入れる穴を

掘らないようにするためです。

2本目からのバーは逆回転させ

骨を押し広げて、穴を大きくします!

(↑ここが今までのドリルと違う”ミソ”の部分です)

 

ただ削るのではなく、バーを逆回転させる事によって

骨を押し広げて、柔らかい骨でも骨密度を上げる事で

インプラントを

しっかりと固定ができるようになるという事です。

 

細かい事はのぶもと歯科に来ていただいて

カウンセリングを受けていただいた時に聞いてもらえば良いのですが

押し広げるという発想が中々ないですよね!

インプラントについても、他のことについても

是非疑問があれば聞いて下さい。

 

それでは!!!!

 

ページトップへ戻る