• 082-246-0600

  • 診療時間/8:00~13:00 14:00~19:00(水曜午後は往診のみ)
         最終受付時間が12:30、18:30までとなります

    休診日/水曜午後(外来)・土曜午後・日曜・祝日

ブログ

歯ブラシってどんなの使ったら良いですか?

皆様こんにちは。

 

広島市中区宝町にあります

 

のぶもと歯科 副院長 延本全彦です。

 

みなさんは普段お口のケアにどんなものを使われていますか?

 

薬局へ行くとさまざま商品があって、更にインターネットで調べようとすると

更に多くの商品があって

どれを選べば良いか迷いませんか?

正直ボクでも悩まされます・・・・ですので片っ端から買って自分で試した時期もありましたが・・・もう商品が多過ぎて追いつきません。

この試しに購入していた時期は卒業直後でした。(今でも気になるとついあれこれ買っちゃいます(^◇^;))

その時は正直、『歯医者で売っている歯ブラシ高いな〜』と思っていました。

そして『患者さんにおススメできる、お手頃でいい歯ブラシないかな?探してみよう』というのがきっかけでした。

なので歯ブラシ、その他のグッズ選び悩まれる気持ち

よ〜く分かります。

そんな経験をして、探しまくって、歯ブラシの勉強(こんな勉強もあるんです)をした結果ひとつの結論に至ります。

結論を先に申し上げると

『あなたのお口の状況、生活習慣、性格、くせ』を理解して把握してくれている

『勉強して実践している歯科衛生士』に教えてもらうのが一番です。

 

言い換えると

『詳しげに語る素人の言うことよりもプロに聞く方が的確で時短でコスパいいです』

(プロに的確な指導、グッズを薦めてもらうことで、虫歯や歯周病予防、再治療を防げればお金だけでなく時間も節約できますよ)

 

以前

久しぶりに来院された患者さんのお口のなかを確認すると

明らかに歯が減ってる?溶けてる?ちびてる?ような変化が見られました。

食生活、嗜好品、嘔吐の有無などなど

問診してわかったのが

ある洗口液でした

 

ブログなどでも有名で話題になった商品らしいのですが

成分に問題がありました。

歯を綺麗にする為か強い酸が使用されていました。

すぐ使用を中止してもらいましたが、溶けた歯が元に戻ることは残念ながらありません。

(もし治療するとなると溶けた歯も含めてほぼ全ての歯を治療することになります・・・・あんまりやりたくないです・・・)

 

また、別の患者さんは『最近通販で良さそうなのがあったから高かったけど歯磨き粉を変えた』とのことでした

その商品説明の記事も読ませていただきました。確かに良さそうです。

参考までに持参いただき成分表をみると

なんと残念ながら普通の歯磨き粉でした・・・・(T_T)

悪いものではなく、成分でいえば普通の商品なので、使い終わったらもっと安価で同程度のものがあるからそちらを使われてはどうですか?とおススメしました

 

脅かしたいわけではありませんが

現実的に歯科医療関係者であれば当たり前にタブーな商品が市販品には存在しています。

 

ホワイトニングを謳っている商品の中には

厳密にはホワイトニングではなくステイン(茶渋、着色)を取り除くために歯にダメージを与える研磨剤が多く含まれていたりします。

 

いわゆるホワイトニング(歯そのものの漂白)は日本の薬事承認を得た製品を使わないとできないのです。

中には並行輸入で販売している業者もありますが

うまくいけば良いですが

失敗した時のダメージがもし大きかったら・・・・怖いですね

 

歯は体の他の部分と違い

残念ながら自己修復できない体のパーツのひとつです。(例えば皮膚であれば小さな怪我であればほっといても治りますが)

 

ですので

なるべく今ある歯を大事になるべく維持できるようにする。

そのために必要なことは治療や歯ブラシ。

そして何より患者さんの理解と協力なのです。

 

歯ブラシのお話しから外れてしまいましたが

最後に整理しますと

 

  • お友達のアドバイス、インターネットの評判を全否定はしませんが、あくまでも一個人の感想です。その情報をもとにプロに質問されてみてはどうでしょうか?そして、納得できるものを使われると良いと思います。

 

  • 歯ブラシ、歯磨き粉、洗口液は市販品を使っていても構いませんが、それそのものを一度見せてください。(市販品でも良いものもあります。患者さんのお口の状態に合っているか?害はないか?の確認だけされても損はないと思います。また当院では歯ブラシなど販売している商品に利益をほぼ乗せていないので、正直押し売ることはないのでご安心ください。)

 

  • 良い治療結果と良い状態を維持するには歯医者の治療だけでなく日常の歯ブラシや治療に対する患者さん自身の理解と協力が不可欠です。

 

 

続きはまたの機会に!

 

 

それでは!!!!

 

アクセス
採用専門サイト

ページトップへ戻る